大宮の整体なら「川井筋系帯療法式・大宮センター(にいのみ整体院)」

 

坐骨神経痛と骨格の歪み 腰椎椎間板ヘルニア

腰椎椎間板ヘルニアとは

腰椎椎間板ヘルニアは、背骨の間でクッションの役割をしている「椎間板」の髄核(ずいかく)が飛び出して脊柱の脇の神経を刺激して痛みを発する腰痛です。

比較的若い世代に多く20~50代に多く見られ、以前は腰痛の代名詞の様に言われており、改善法は手術しかない!というような時代もありましたが、現在では椎間板は安静にしていれば元の状態に戻り、症状も改善することが分かってきたので即手術、というケースは減っています。

症状として腰からお尻、片側の足に痛みや痺れを感じる事が多く、脊柱管狭窄症と違い椅子に座っていたり、屈んだ状態でも痛みを感じます。

20150116112926f01

腰椎椎間板ヘルニアと歪み

腰椎椎間板ヘルニアは、椎間板に長い時間、または大きな負荷がかかり椎間板が飛び出して起こります。具体的には足を組んだ悪い姿勢や重いものを継続的に持つなどです。

そういった姿勢や動作をくり返し片側に椎間板に圧がかかり飛び出してしまうので、骨格の歪みとの関係性は大きく、歪みが原因の多くを占める場合が多いと言えます。

当院の歪みを可視化したモアレ写真でも、骨盤の押し上がりが映る場合がほとんどです。

腰椎椎間板ヘルニアと当院の施術

痛みや痺れを感じる側は、骨盤が押し上がり椎間板に強い圧がかかっている場合が多い為、その押し上がりを並行に戻せば、自然と椎間板の負担も減り、比較的短期間に改善します。

しかし、椎間板は20歳頃から水分が徐々に減っていき柔軟性が低下していくので、年齢を重ねた方の椎間板は元に戻りにくい状態になっています。また施術後も椎間板に圧がかかる様な姿勢、動作を繰り返せば、数週間を要するケースもあります。

大宮の整体なら「川井筋系帯療法式・大宮センター(にいのみ整体院)」 PAGETOP