大宮の整体なら「川井筋系帯療法式・大宮センター(にいのみ整体院)」

 夫婦

ストレッチは腰痛に有効なのか

「ストレッチしていたのに腰が痛くなっちゃったんだよ」とは腰痛で来院された患者様がよく口にされる言葉です。 しかし腰痛でも筋肉の問題が原因の場合は有効な場合がありますが、冒頭で出た「ストレッチをしていたのに腰がいたくなった」患者様は腰痛の原因が椎間板ヘルニア、または脊柱管狭窄症などの椎間板、骨格や関節に問題があり痛みが出てしまったケースが多いのです。

ストレッチが有効な腰痛は筋肉が原因のもの

ストレッチとは筋肉を伸ばして柔軟性を増し、関節の可動域を大きくして怪我の予防や血流を良くしての健康促進、スポーツのパフォーマンスをアップさせるなどが主な目的です。筋肉の柔軟性は増すので筋肉由来のギックリ腰や筋筋膜性腰痛・筋緊張性腰痛などには有効な場合があり、当ブログヨガは腰痛に良いのか?でも運動不足の方がある程度の柔軟性を獲得することで腰痛を回避した例を挙げました。 ただしあくまでもストレッチは予防的な意味合いが強く、ギックリ腰などで痛みを発症した直後などは更に悪化させる場合があるので要注意です。  

ストレッチや筋力トレーニングが「腰痛に良い」というのは時期や場面が限定される

ストレッチをして腰痛が良くなる、筋トレをして腰痛が良くなる、というのは腰痛が起きる前の状態、または非常に初期の症状が軽い場合などに限られます。柔軟性があったり筋力があることで良い姿勢が保たれ腰痛には良いと思われます。しかし筋肉に強い張りが出て痛みを感じるようになったりした状態ではストレッチそのものを行う事も困難でしょう。  

椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症に有効な体操とは

こちらの骨盤ゆらゆら体操をご覧ください この体操は骨盤の歪み、腰から背中にかけての筋肉の緊張を緩ませ弛緩させて腰痛を軽減し股関節や脚、特に太腿後ろの筋肉(ハムストリング)の張りもとってくれる体操です。 筋肉を緩ませ緊張を取るだけでなくゆっくり行う事で、全身的な骨格の歪みや自律神経の乱れを整えてくれるので休息や睡眠の質が向上します。そうすることで日常から筋肉の疲労がとりやすく筋肉が原因の腰痛も起こりづらくなるという予防効果も期待できます。  

腰痛予防にストレッチや筋トレを行う場合は「骨盤ゆらゆら体操」を併用する

ストレッチ、筋トレは腰痛予防に有効な面も確かにありますが、症状を悪化させたり腰痛そのものの原因になることもあります。今回ご紹介した「骨盤ゆらゆら体操」はそういった悪影響を最小限に抑えてくれるので一緒に行っていくと良いでしょう。  

大宮の整体なら「川井筋系帯療法式・大宮センター(にいのみ整体院)」 PAGETOP