大宮の整体なら「川井筋系帯療法式・大宮センター(にいのみ整体院)」

椎間板ヘルニア 20代 女性

メーカー技術職 小中学はスイミングとテニス 現在は月2回程度スイミング

2017年5月 長時間立ちっ放しの仕事が2~3日続き腰痛が発症。整形外科を受診し、「椎間板ヘルニア予備軍」と診断される。この時はシップのみで痛み治まる。

     6月 エスカレーターで転倒し、尾骨骨折。特に腰痛は無かった。

    10月 長時間の立ち仕事1週間続き、腰痛右足のだるさを感じる。整形外科にてハッキリ「椎間板ヘルニア」の診断。左フクラハギに強い張り。

身体形態分析結果と施述方針

立位での状況

右骨盤の押し上がり。痛みから体重を右から左へ荷重する「逃避」の状態。左大腿後側のモアレの波形が強く出ており、左股関節の巻き込み、フクラハギの張りが見て取れる。

また脊柱の対称性は大きく乱れている。

DSC05420

分析結果

右骨盤の押し上がりにより、腰椎椎間板右に強い圧がかかりヘルニア(脱出)している。逃避による左への荷重は、股関節を巻き込みと、通常より奥へ押し込み梨状筋を緊張させる梨状筋症候群を発症し、左大腿後部から下腿後部に痛みをかんじさせる。

圧を加える圧診でも右の腰椎、右仙腸関節に強い痛みがあり、左臀部の圧痛もある。

施術方針

先ず骨盤の傾きを整え、腰椎での椎間板、神経の圧迫を軽減する。股関節左右とも変位が有るので同時に調整。仙腸関節捻挫、梨状筋の緊張も軽減。

施術頻度は年齢、症状の度合いから連続した施術で、短期的に症状の改善をすることが好ましいと判断。

施述による改善

初回施術後、腰椎脇の圧痛は減少。立ち上がってからも腰椎際、右仙腸関節の痛みは軽減。

その後3日連続で来院。順調に症状は減少し3回目の施術後は当初の3割程度の痛みに減少。その後仕事、プライベートでの遠出などで3~4割を維持する。

その後数回施術を行い、1か月後には痛みは、ほぼ0になり立ち仕事も楽にこなしている。

患者様の声

Q1: 当院を知る前に、どんなことで悩んでいましたか?

・腰痛

Q2: 何がキッカケで当院を知りましたか?

・インターネットで「大宮 椎間板ヘルニア」と検索

Q3: 当院を知ってから、すぐに来院しましたか?

・はい。

Q4: 何が決め手となって来院しましたか?

・HPに載っている評判を見て、来院しました。

Q5: 実際に利用された、率直な感想をお聞かせください。

・初めて訪れた時は、仰向けに寝る事が辛く、治るか不安でしたが1回目の診察で、驚く程楽になりました。

先生は若干こわい所がありますが、治すことに非常に熱心だと思いました。

大宮の整体なら「川井筋系帯療法式・大宮センター(にいのみ整体院)」 PAGETOP