大宮の整体なら「川井筋系帯療法式・大宮センター(にいのみ整体院)」

自律神経失調症 30代 女性

以前はデザインや図面を描いたりパソコンでの作業。現在はパートで接客業。

10代から肩こりが強く、コリを常に感じており気持ち悪さを感じることもしばしばある。小学生から中学生時に交通事故にあいムチ打ちとなりその影響も考えられる。

中学時には軽度の側弯症と診断される。また季節の変わり目に喘息の症状もある。

平成25年9月から自律神経失調症と診断され、心療内科に通院を開始。漢方も含む薬を4種服用するようになる。

来院時の症状は、慢性的な強い肩こり、吐き気、鈍重感、1~2回目が覚めてしまう睡眠障害、時折襲う不安感など。

身体形態分析結果と施述方針

立位での状況

右骨盤が上がり前方へ捻転し上半身も同じように捻転。右肩が下がりぜん息、アトピー性皮膚炎に多い骨格の形態。側弯症の影響もありモアレの波形は左右の対称性に著しく欠いている。また肩甲骨が持ち上がり気味で肩こりも起こりやすい。塩野もあれ

分析結果

骨盤の押し上がり、捻転により肩こり、自律神経の圧迫が起きている。また股間節の位置も変位があり左の臀部に痛みが出る。右仙腸関節、腰椎際、左背部、右肩、右頚部に強い圧痛。これらは骨盤の押し上がり、捻転を軽減すれば大半は改善できると予測できる。

施術方針

先ず骨盤の傾きと捻転を整え脊柱での神経の圧迫を軽減する。同時に股関節の変位も調整し可動域の拡大、内転筋の緊張を軽減する。

骨盤、股関節の施術後、仰臥位にて首、肩の施術にて緊張を緩める。こういったケースは頭皮も硬くなっている事が多く、合わせて緩めていく必要がある。

また、日常の生活の改善点や、毎日行える呼吸法、リラックス法も指導。

施述による改善

初回施術後、「身体が軽くなった」とのこと。帰宅後、呼吸法、リラックス法も早速実行。いつもは1~3回目覚めてしまうが、その日は朝まで熟睡、翌朝の目覚めも爽やかであった。

慢性的な肩こりは、来院前の3割ほど感じるものの、吐き気、鈍重感、睡眠障害、不安感、背部の痛みは殆ど感じない。

4回目以降、2週間に1回のペースで来院しているが、自律神経失調症の症状は無く、また季節の変わり目に起こる喘息の症状も無く、快適に過ごしている。

患者様の声

Q1: 当院を知る前に、どんなことで悩んでいましたか?

・子供の時に交通事故にあい、むち打ちになったことと、少し側弯症があり、肩こりがひどく悩んでいました。

Q2: 何がキッカケで当院を知りましたか?

・ホームページを見て知りました。

Q3: 当院を知ってから、すぐに来院しましたか?

・はい

Q4: 何が決め手となって来院しましたか?

・カウンセリングや検査などをじっくり時間をかけて行ってくれる所が決め手になって来院しました。

Q5: 実際に利用された、率直な感想をお聞かせください。

・先生が気さくで話しやすく、色々質問してもちゃんと答えてくれる優しい先生です。施術だけじゃなく家での過ごし方や体操なども教えていただきました。

 

 

 

大宮の整体なら「川井筋系帯療法式・大宮センター(にいのみ整体院)」 PAGETOP