X

院長ブログ

  • mixiチェック

施術でアトピーが改善するケースと失敗するケース2つの違い 2

■2017/03/24 施術でアトピーが改善するケースと失敗するケース2つの違い 2

施術でアトピーが改善するケースと失敗するケース 2つの違い 2
%e3%82%a2%e3%83%88%e3%83%94%e3%83%bc%e9%a1%94

 残念ながら改善に失敗したケースも

改善に失敗した例:来院時13歳の男子中学生。
3歳児からアトピー発症。夏に悪化し冬に軽減を繰り返していたが
徐々に年間を通して症状が悪化するようになる。

全身的にステロイド、保湿剤を使用していたが
来院4ケ月前にステロイドの使用を中止、保湿剤を必要最低限使用していた。
 
来院時にステロイドの使用を中止していたので、
施術による改善は比較的スムーズにいくものと思われた。

しかし連れてきたお母さんが患者である
息子さんの「言いなり」になり
ワガママを全く制御できずにいた。

施術を行おうとも「かゆいかゆい」「いやだ」と連発し
そばに居たお母さんはオロオロするばかり。
 
施術を行うのに本来よりはるかに長い時間を必要とし、
施術の質も低いものとなった。

保湿剤の使用も当初「必要最低限」と言っていたが
後に通常の数倍量使用していたことが判明する。
 
数回通院したがある時、「息子が来院を嫌がっている」
という理由でキャンセルしその後連絡はない。
 
 
アトピー性皮膚炎の改善には努力と知識が必要

改善した例に2例に比較すると患者本人、家族に
「アトピー性皮膚炎を治そう」という意志があきらかに希薄で
「施術で治してもらおう」という雰囲気であった。
 
施術を受ける以外での自己管理や保湿剤の使用に対する申告などを正確に伝えず、表面上の体裁にこだわってしまっていた。

また「インフォームドコンセント」に
ほとんど目を通しておらず
日常の生活にその知識が活かされていなかった。
 
「簡単に治った」という言葉にはご用心

改善成功と失敗した例を挙げましたが、
患者様側の覚悟と努力、施術者との信頼関係が
なされなければ自己治癒力での改善は困難なのです。
 
にいのみ整体院以外にも整体や鍼灸、その他の療法などで
アトピー性皮膚炎を改善している治療院、先生はおられると思いますが
そのどこでも簡単に改善できる訳ではなく患者様の理解が必要です。
 
アトピービジネスという言葉が有るほど怪しげな会社、輩が居るのも事実なのです。
 
もし「自分の治癒力でアトピー性皮膚炎を治そう!」
 
と決意されたらお電話ください。
覚悟を持って改善のお手伝いをさせていただきます。

施術でアトピーが改善するケースと失敗すtるケース2つの違い 2

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
にいのみ整体院
http://niinomi-seitai.jp/
住所:〒330-0854
埼玉県さいたま市大宮区桜木町2-389 第17松ビル3階
TEL:048-783-4845
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

辛い症状でお悩みの方、まずはお電話ください。

来院される前にお電話にて当院で改善可能な状態か確認させていただきます。
埼玉県さいたま市大宮区 にいのみ整体院 TEL:048-783-4845 (予約制)

にいのみ整体院をもっと詳しく知る