X

院長ブログ

  • mixiチェック

つらい腰痛の5つの原因と改善、解決策を考えてみる 3

■2017/03/03 つらい腰痛の5つの原因と改善、解決策を考えてみる 3

つらい腰痛の5つの原因と改善、解決策を考えてみる3

 
i-catch2

骨格の歪み

骨格の歪みも腰痛の原因として、大きな割合を占めます。
その中でも骨盤を中心とした骨格の歪みは、
あらゆる腰痛の原因、悪化要因になります。

骨盤の傾き、押し上りが起きれば、上がってしまった側の腰椎から延びる神経が圧迫され痛みを生じます。

また椎間板には強い圧が加わり
椎間板ヘルニアを起こしたり、
腰部脊柱管狭窄症を悪化させることもあります。

骨盤の傾きで湾曲した脊柱の外側では、
筋肉が引き伸ばされ緊張し、筋緊張性腰痛を起こすこともあります。

骨盤の傾きは仙腸関節痛や、梨状筋症候群
の原因にもなり
骨格、骨盤の歪みは腰痛の生みの親、といって過言ではないでしょう。

解決策:骨格の歪みは軽度であれば、体操などで自己管理の元改善する事も可能です。

そもそも軽度の歪みであれば、身体に悪影饗を与える事も少ないでしょう。

しかし痛みを発したり、他人から見て指摘されるほどの歪みは、専門の治療、施術が有効です。

大事なポイントは、骨格の歪みを痛みを感じている患者様に自覚してもらえるか。

この点が無いと患者様の注意が散漫になり、歪みを生む姿勢や動作を繰り返してしまいます。

視覚的に歪みを確認できるレントゲンやモアレ写真が有れば安心です。

wbm-477620
 
 腰痛の原因は1つだけとは限らない

腰痛の原因は様々で人によっても違います。

また複数の原因が同時に腰痛を引き起こしていたり、初めは1つの原因の腰痛が、
別の原因を呼び結果、複数の原因を持つ
複雑な腰痛になってしまう事もあります。

腰痛の原因が複数になってしまったAさん

仕事による筋肉疲労が原因で、右腰に痛みを発症したAさんがいます。

病院では「腰椎の間隔が狭くなっています」と言われましたが、
忙しさでしばらく放置していると、更に右腰から太腿にかけて痛むようになりました。

体重をそちらに掛けるとより辛いので、
痛みから逃げる為反対側へ荷重を移す「逃避」を起こします。
すると痛みのある右側は、痛みが減ったように感じます。

今度は反対側の腰椎や股関節に負担が大きくなり、徐々に神経を圧迫したり、
骨盤の関節がずれて最初のものとは反対側の、
仙腸関節や股関節など原因が異質の腰痛を作り出してしまったのです。

このように最初は1つの原因だった腰痛が複数、
また痛みの箇所が反対側や股関節、膝にまで広がってしまう事もあるのです。

腰痛は日本人の国民病と言われこれからも増え続ける事が予想されます。
 
つらい腰痛の5つの原因と改善、解決策を考えてみる3  終わり


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
にいのみ整体院
http://niinomi-seitai.jp/
住所:〒330-0854
埼玉県さいたま市大宮区桜木町2-389 第17松ビル3階
TEL:048-783-4845
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

辛い症状でお悩みの方、まずはお電話ください。

来院される前にお電話にて当院で改善可能な状態か確認させていただきます。
埼玉県さいたま市大宮区 にいのみ整体院 TEL:048-783-4845 (予約制)

にいのみ整体院をもっと詳しく知る