X

院長ブログ

  • mixiチェック

腰が痛くて歩けない脊柱管狭窄症 間欠性跛行50代男性の改善例

■2017/02/28 腰が痛くて歩けない脊柱管狭窄症 間欠性跛行50代男性の改善例

腰が痛くて歩けない 脊柱管狭窄症 間欠性跛行50代 男性の改善例
 
胸部脊柱管狭窄症50歳症例
来院者情報
 
性別:
男性
 
年齢:
53歳
 
53歳会社員男性、主にデスクワーク。

学生時代は野球、卓球、社会人になってからはランニング、ソフトボールに励むスポーツマン。

40歳頃に軽度の側弯症と診断される。(度数不明)

平成27年4月 

ランニング後に腰から右太腿にかけ鈍重感を感じ、
日を追うごとに痛みとなり歩行が辛くなる。

整形外科で脊柱管狭窄症と診断され電気治療、マッサージ治療を受けるもあまり改善されず。

平成27年5月~6月 
知り合いの勧めでカイロプラクティックに行き
3回程施術を受け痛みが軽減する。

夏にはウォーキング、軽いジョギングが行えるほどに回復。

平成27年10月
 左脚の太腿裏を肉離れ。かばいつつ生活していたが11月に再び腰から右太腿にかけての痛みが再発。

痛みの程度激しく続けて50m弱しか歩行が出来ない。

初来院時、右腰部~右大腿部に痛み、逃避。

初回から施術後の痛みの軽減。施術を重ね3週間後には600m以上の歩行が可能となる。
 
来院時の症状

右腰部、臀部~右大腿裏(ハムストリング)に痛み。
立位、歩行時には痛みからの逃避が見られ不安定。

日常スポーツやトレーニングを行っていた為筋力不足は見られないが「立っていても痛い」と苦痛を訴える。

身体形態分析結果と施述方針
立位での状況(モアレ写真参照)

立位では右骨盤の押し上がりが見られ
脊柱は右へ湾曲する。

本来は左右対称に表れるモアレの波形に、
対称性がほとんど無く、肩甲骨、腰椎部で波形の乱れが顕著。

右臀部~右大腿の痛みから、「逃避」が見られる。

分析結果

骨盤の押し上がりにより、
腰椎での神経圧迫がみられ、運動分析では右股関節の動きにわずかな引っ掛かりがある。

圧痛点の確認で右仙腸関節に強い圧痛を確認。

患者の訴え、立位での逃避、腰部のモアレの波形の乱れ、歩行時の動作、圧診なども総合し
狭窄症、仙腸関節捻挫が考えられる。

施術方針

骨盤の傾きを整え腰椎の狭窄を減少。

股関節の緊張を緩和して可動域を徐々に広げていく。

仙腸関節のズレは骨盤の傾きを整え、股関節の動作を確保した後、調整する。

股関節の角度が悪く、歩行動作で膝関節に大きな負担が掛かっている為、膝の施術も加える。

施述による改善

初回施術後、立位で感じた右臀部~右大腿後部の痛みは軽減したが、歩行、運転を経て帰宅すると再び痛みを感じた。

3回目までは痛みの度合い徐々に減少していくも、帰宅時に痛みが出ていた。

5回目から帰宅後も痛みを感じにくくなり、
最も痛みが強かった右臀部~右大腿後部の痛みが
軽化、左臀部に筋肉の引きつれを感じるようになる。

これは右臀部~右大腿後部痛が減少し、歩行動作が大きくなってきた影響と思われる。

その後は筋肉のひきつれも感じなくなり約三週間後には600mの歩行が可能となる。
 
 
患者様の声

Q1:当院を知る前に、どんなことで悩んでいましたか?

腰から尻に鉛の固まりがある様な重い痛みと,
太もも裏から側面にかけての痛みで,
数十歩歩くと脂汗が出る苦しみでした。

又、寝て足を伸ばしても引きつれる痛みが有り、
横になっても休まらない状況でした。

何とか痛みだけでも治まらないかと
何軒か整形外科、接骨院、カイロと行ったが
一向に良くならなかった。

Q2:何がきっかけで当院を知りましたか?

早く痛みから解放されたくインターネットで検索中に手術を伴わない、にいのみ整体院が目に止まりました。

Q3:当院を知ってから、すぐに来院しましたか?

はい。

Q4:何が決め手となって来院しましたか?

藁にもすがる想いで自宅から通院できそうな
大宮にいのみ整体院にTELしたところ
施術時間を大幅に過ぎているにも拘わらず丁寧に対応して頂いたのが決め手でした。

Q5:実際に利用された、率直な感想をお聞かせください。

施術に痛みが伴わないことは患者にとって非常に気持ち的にラクでした。

初めは、ゆらゆらで本当に良くなるのかと思いました。

事実4回目までは整体院を出て
すぐに痛みが戻る状況でしたが5回目から痛みが弱くなって行き、
その後は痛みを伴わず歩ける距離が伸びました。
本当に助かりました。

患者様の声(原文ママ)

脊柱管狭窄症の痛みに耐えられず、
整形外科、カイロ、接骨院と行きましたが
全く効かないか痛みが増すばかりで、

何とか痛みだけでも取って欲しい一心でTELをしたのが、にいのみ整体院でした。
この時は数十m歩いただけで腰から腿にかけて強い痛みが出ました。

最初にモアレ写真を撮り自分のひどい姿勢にびっくりしたのと痛さの度合いを実感。

その後先生は丁寧に触診してくれ施術となりましたが
痛さが伴わない、ゆらゆらは本当に治るのか半信半疑でした。

4回目か5回目の施術から変化が現れ尻のうしろの痛みが引いて行きました。

その後日を追う毎に歩ける距離が伸び
12/5初診から20日後の現在
(12/26)には500m歩いても多少の違和感はありますが痛みはありません。

家でも、ゆらゆらを実践し痛みが出ないよう心がけています。

ここまでして下さった先生には本当に感謝しております。
やはり痛みの原因となる部位をちゃんと触って
患者の状態を確認してくれるので信頼感がありますし治してくれていると実感があります。
脊柱管狭窄症3患者様の声

腰が痛くて歩けない 脊柱管狭窄症 間欠性跛行50代 男性の改善例


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
にいのみ整体院
http://niinomi-seitai.jp/
住所:〒330-0854
埼玉県さいたま市大宮区桜木町2-389 第17松ビル3階
TEL:048-783-4845
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

辛い症状でお悩みの方、まずはお電話ください。

来院される前にお電話にて当院で改善可能な状態か確認させていただきます。
埼玉県さいたま市大宮区 にいのみ整体院 TEL:048-783-4845 (予約制)

にいのみ整体院をもっと詳しく知る