X

院長ブログ

  • mixiチェック

椎間板ヘルニアの改善例を改善 痛みを緩和 2

■2017/02/23 椎間板ヘルニアの改善例を改善 痛みを緩和 2

椎間板ヘルニアの改善例を改善 痛みを緩和 2

 
wbm-477620
当院における椎間板ヘルニアの改善例の紹介

当院で施術を受け改善した患者様の症例をご紹介します。


 椎間板ヘルニアを悪化させる日常の生活

椎間板ヘルニアは程度にもよりますが,
まず安静にすることが大事です.

しかし辛いからと,簡単に仕事や学校を休める訳でもないのが実情です。

結果痛みをこらえながら,
デスクワークや学業に勤しむわけです。
大部分の方が仕事や勉強の姿勢である「椅子に座る」というのが,椎間板に大きな負担を掛けます。

立った姿勢、立位に比べ,
椅子に座った時の椎間板にかかる圧は,約1.4倍と
言われています。

長時間そんな姿勢を取り,椎間板に負担を掛けていれば症状が治まるどころか,悪化するのは当然と言えます。

骨盤の歪みがそもそもの原因や悪化の要因に

椎間板ヘルニアは椎間板に過剰な圧がかかり、
左右どちらかに脱出してしまった髄核が,
神経を刺激または炎症が起こり痛みを発します.。

なぜ偏った圧のかかり方が起きるのでしょうか?

職業的に左右どちらかだけ、繰り返し動かしたりする事でもそれは起きます。
もう一つ骨盤の歪みや傾きが、椎間板に偏った負荷をかけてしまうのです。

歪みのある骨格、骨盤はあらゆる腰痛の温床

骨盤が左右どちらかに押し上げられた歪み方をしていると、
椎間板の押し上がった側には、強い圧がかかり椎間板ヘルニアの原因になるのです。

たとえ髄核が脱出せず、椎間板ヘルニアが起きなくとも、脊柱の間から左右に延びる神経根には、
強い圧がかかりやすく、
腰痛を起こし易くなります。

骨格、骨盤の歪みは腰痛の温床なのです。

にいのみ整体院では
骨格、骨盤の歪みを視覚的に明らかにし、
患者様にもわかりやすい分析とソフト、効果的な施術で、
椎間板ヘルニアをはじめとした腰痛を改善に導きます。

椎間板ヘルニアの改善例を改善 痛みを緩和 2
終わり

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
にいのみ整体院
http://niinomi-seitai.jp/
住所:〒330-0854
埼玉県さいたま市大宮区桜木町2-389 第17松ビル3階
TEL:048-783-4845
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

辛い症状でお悩みの方、まずはお電話ください。

来院される前にお電話にて当院で改善可能な状態か確認させていただきます。
埼玉県さいたま市大宮区 にいのみ整体院 TEL:048-783-4845 (予約制)

にいのみ整体院をもっと詳しく知る