X

院長ブログ

  • mixiチェック

アトピー性皮膚炎、喘息、不定愁訴の原因にも。副腎疲労とは

■2017/02/10 アトピー性皮膚炎、喘息、不定愁訴の原因にも。副腎疲労とは

アトピー性皮膚炎、喘息、不定愁訴の原因にも。副腎疲労とは
young business woman taking of her jacket

「副腎疲労」という言葉

先日ある患者様から
「面白いから読んでください」と
一冊の本をいただきました。

川崎のスクエアクリニックを、
ご夫婦で開業されている本間良子・龍介先生の著書「自分で治す!副腎疲労」
という本でした。

副腎疲労とは聞きなれない言葉ですが、
私は「副腎疲労」と聞き、
心に響くものがありました。

米国では常識とされる「副腎疲労」のケア

著者の本間良子先生のご主人であり、
共著者の本間龍介先生。

中学時代から副腎疲労に悩み、医療を志してからも状態が好転する事も有りませんでした。

絶望の淵にいる時に、副腎疲労の第一人者ジェームズ・L・ウイルソン博士に出会い
副腎疲労の治療を知る事となります。

当時日本では医療の専門家の本間両先生も、
知りえなかった「副腎疲労」という概念は
医療先進国アメリカでは常識となっていたのです。

様々なストレスに晒される現代は「副腎疲労」になり易い
そもそも副腎疲労とはどんな状態をいうのでしょう?

「副腎疲労」という状態を、
かいつまんで言うと人は精神的、肉体的ストレスを感じると体内で「炎症」が起こります。

炎症が起こると副腎から「コルチゾール」というホルモンが分泌され炎症を抑えます。

ただあまりにストレスが多く、炎症が頻繁に起き、副腎がコルチゾールを分泌しすぎて疲弊した状態を
「副腎疲労」といいます。

コルチゾールの分泌量は人それぞれで、
多い人少ない人がおり、適正な分泌量は違います。

ただストレスを受け「副腎疲労」を起こせば身体には様々な悪影響が起きます。


 
(参考資料:本間良子・本間龍介先生著 自分で治す!副腎疲労)

アトピー性皮膚炎、喘息、不定愁訴の原因にも。副腎疲労とは に続きます


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
にいのみ整体院
http://niinomi-seitai.jp/
住所:〒330-0854
埼玉県さいたま市大宮区桜木町2-389 第17松ビル3階
TEL:048-783-4845
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

辛い症状でお悩みの方、まずはお電話ください。

来院される前にお電話にて当院で改善可能な状態か確認させていただきます。
埼玉県さいたま市大宮区 にいのみ整体院 TEL:048-783-4845 (予約制)

にいのみ整体院をもっと詳しく知る