X

院長ブログ

  • mixiチェック

半年間痛みが引かない椎間板ヘルニア仙腸関節痛43歳女性改善例

■2017/02/09 半年間痛みが引かない椎間板ヘルニア仙腸関節痛43歳女性改善例
半年間痛みが引かない、椎間板ヘルニア・仙腸関節痛 43歳 女性の改善例
 
 
椎間板ヘルニア・仙腸関節痛 43歳 女性の症例
来院者情報
 
性別:
女性
 
年齢:
43歳
 
 椎間板ヘルニア、仙腸関節痛に悩む43歳の女性。

5年ほど前から宅配便のアシスタント(パート)を務めるが、腰痛を発症。

2015年6月

椎間板ヘルニア(右側)手術、当日夜から左側の臀部~左足先まで強い痛みを発症。

2015年7月

MRI検査、左側のヘルニア手術。
痛みは治まらず再度の手術を計画されるが辞退。

その後、数カ所の整体に数回から、20回以上通うも症状に大きな変化見られず。

当院で施術、初回から改善が見られ、
現在は週一回程度通う。
また、仕事に復帰し、趣味のバトミントンもこなす。
 
来院時の症状

左臀部から大腿後部、左足くるぶしまで痛み。

痛みの為に前傾、右側へ体幹を捻転させている。
連続した歩行は困難で当院前の駐車場から来院する10メートルほどの歩行にも苦労する。

本人が強く訴えるのは左下肢の痛みで、
「ここ半年間ほとんど痛みを感じない時間が無い!」
と訴える。

睡眠も痛みの為にぶつ切りの状態で睡眠不足。

身体形態分析結果と施述方針
立位での状況(モアレ写真参照)

立位。骨盤は左が押し上がり左下肢に体重を掛けずに右下肢へ荷重している。

骨盤は前傾し体幹は骨盤上から大きく前方へ外れ、右へ捻転している。

分析結果

痛みの為に痛みの少ない側へ体重を逃がす、
いわゆる逃避という形になっている。

その為骨盤の押し上がりと、
その影響による上半身の湾曲が合致しないので、
問診、運動分析、圧診による分析の比重がより高くなる。

問診で痛みの箇所(左臀部~左下肢外側)の聴き取り。

運動分析

股関節の屈曲内旋、股間節ロックの有無、大腿直筋の緊張の度合いなどを検査する。

圧診

患者の訴える臀部の痛み、骨盤上、腰椎の周囲の圧痛点の確認。

二次的な不安要素として、荷重のかかる右側の下肢には通常以上の負担がかかり
股関節の巻き込みによる臀部痛、膝の痛みの発症が予測される。

また上半身の前傾、捻転による背部筋肉の緊張、肩こりなども考慮する。

施術方針

検査により骨盤の仙腸関節にズレ、圧痛。

自覚の弱い骨盤上、腰椎際に強い圧痛が見られ、
前傾姿勢による背部筋肉の緊張も顕著。

骨盤の押し上がり、仙腸関節、股関節の変位を整える。

背部の筋肉の緊張は二次的とはいえ、
この痛みが原因で姿勢の悪化し、
骨格の歪みを増悪させることもあるので、それらを同時進行的に改善していく。

その為に適度な間隔を空けるより連続的な施術間隔が望ましいと思われる。

施述による改善

初回の施術後、痛みが半分程度に減少。

当日は左臀部、左下肢の痛みが軽減された。

二回目では短時間であるが左下肢の痛みが消失。
帰宅後に痛み出るも軽減される。

その後も回を重ねるごとに痛みの度合いの軽減、無痛の時間の拡大、動きやすさなどを口にする。

歩行距離は伸び活動範囲も広がり、
ポジティブな思考と言葉。睡眠も朝まで起きることが無くなってきた。

当初は無理だとあきらめていた仕事復帰も、
15回の施術後に果たす。

現在は施術間隔を徐々に空けながら趣味のバトミントンの試合出場を目指している。
 
 
患者様の声

Q1:当院を知る前に、どんなことで悩んでいましたか?

どこに行っても施術が終わって、
すぐは痛みは和らぐけど身体を動かすとすぐに痛みは戻ってしまった。

一か所が少し良くなっても違う箇所が痛くなったりと 、
あと少しなんだけどな の状態から良くはならなかった。

Q2:何がきっかけで当院を知りましたか?

仙腸関節 治療院 埼玉 で調べてホームページを見つけた。
 
Q3:当院を知ってから、すぐに来院しましたか?

はい。
 
Q4:何が決め手となって来院しましたか?

モアレ写真というのを初めて聞き、
自分の体がどうなのか知りたかったし、
実績があるとHPに書いてあったので決めました。
 
Q5:実際に利用された、率直な感想をお聞かせください。

一回目の施術の後、
立ち上がった時に今までに痛みが軽減されることのなかった足が、
半分位の痛みになっていてとてもうれしかった。

患者様の声(原文まま)

2015年6月、
腰ヘルニア2箇所を内視鏡で手術(右側)
退院直後、左側お尻から、
足指先までの激痛で神経がビリビリ痛く、
歩くこともできず手術をした病院にしばらく通院。

痛み止め、ブロック注射したが効かず1か月半後にMRIを撮ったところ、
左側に新しくヘルニアが出て神経圧迫してる
とのことでもう一度手術するしかないかという話だった
けど、
手術するのは怖く、しても100%ではないことなどから
できれば手術をしないで治したいと思いました。

それからネットで検索し、どこの病院にしたらいいのかとても悩みました。

とにかくこの痛みをどうにかしてほしい思い、
1件行き痛みが変わらず、
2件目だいぶ良くなったがそこからの痛みがまったくなくならず、今回やっと川井筋系帯治療センターに出会えました。

今では仕事にも少しずつ復帰できる様になったので、
今まで諦めていたことも
また普通に戻って色々なことができるかもしれないと
いう希望が持てるようになりました。

この半年間痛みが
ゼロになるということが一度もなかったけど、
ここに通う様になり痛みが無い
時間がどんどん増えたので今ではまだ前のようにとはいかないけど、なにをやっても楽しく思えます。

どこに行ってももう完璧に治ることはできないのかと諦めていたけど、
今では絶対普通に戻れると思うようになりました。
椎間板ヘルニア・仙腸関節痛-43歳-女性の症例顧客の声
 
 
半年間痛みが引かない、椎間板ヘルニア・仙腸関節痛 43歳 女性の改善例


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
にいのみ整体院
http://niinomi-seitai.jp/
住所:〒330-0854
埼玉県さいたま市大宮区桜木町2-389 第17松ビル3階
TEL:048-783-4845
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

辛い症状でお悩みの方、まずはお電話ください。

来院される前にお電話にて当院で改善可能な状態か確認させていただきます。
埼玉県さいたま市大宮区 にいのみ整体院 TEL:048-783-4845 (予約制)

にいのみ整体院をもっと詳しく知る