X

院長ブログ

  • mixiチェック

慢性的 背中から腰にかけての痛み 原因と対処 2

■2017/02/07 慢性的 背中から腰にかけての痛み 原因と対処 2
慢性的 背中から腰にかけての痛み 原因と対処
 
45029490_30V - コピー


背中は体の中でも鈍感

背中は体の中でも痛みを感じる神経が少なく
まばらで他の部位に比べ鈍感です。

これは反対側の腹部には大事な内臓があり外部の刺激から守るためだと思われます。

人間は強いストレスに晒されると、
背中を丸め生命活動に重要な内臓がある腹部を隠し、背部で守る防御姿勢を取るため
痛みに鈍感であるほうが都合が良いわけです。

鈍感である為「背中の張り」は重症化しやすい

張りや痛みは不快な刺激であると同時に、
身体を守るためには必要な面もあります。

しかし神経の分布がまばらな背部は
そういった刺激を受け取りづらいので
重症化して初めて「背中の張り」に気づくのです。

重症化する前に日頃のケアを

背中の張りを予防したい場合は
適度なストレッチや休息である程度リスクを軽減できます。

もしどうしても「背中の張り」が気になる場合は、
姿勢や骨格の歪みを確認できる治療院でケアすることをお勧めします。



慢性的 背中から腰にかけての痛み 原因と対処 2
 終わり
 
 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
にいのみ整体院
http://niinomi-seitai.jp/
住所:〒330-0854
埼玉県さいたま市大宮区桜木町2-389 第17松ビル3階
TEL:048-783-4845
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

辛い症状でお悩みの方、まずはお電話ください。

来院される前にお電話にて当院で改善可能な状態か確認させていただきます。
埼玉県さいたま市大宮区 にいのみ整体院 TEL:048-783-4845 (予約制)

にいのみ整体院をもっと詳しく知る