X

院長ブログ

  • mixiチェック

アトピーの方はご注意を!保湿剤の使い方 4つの勘違い 2

■2017/01/21 アトピーの方はご注意を!保湿剤の使い方 4つの勘違い 2
 
アトピー性皮膚炎の方はご注意を!保湿剤の使い方で陥りやすい4つの勘違い 2
保湿剤 画像

その1 保湿は本来自分の皮膚でするもの

人間の体は能力を極端に超えたストレスでなければ、そのストレスを克服して乗り越えられる様に出来ています。
例えばウェイトトレーニングで最初は数回しか挙げられなかった重量も
繰り返し鍛えることで挙げられるようになったり、
1㎞しか走れなかった人が毎日走るうちにマラソンに出られた、等です。

皮膚でも同じことが言えます。

通常、皮膚は常に皮脂を分泌し乾燥から守っています。
しかし乾燥した季節になったからといえ、
直ぐに保湿剤を使い始めると皮膚は皮脂を分泌せずとも乾燥から守られているので
自ら皮脂を分泌して保湿する機能を低下させてしまいます。

この繰り返しにより湿度が充分に高い時期でも皮膚は乾燥、カサカサで更に保湿剤が必要になってしまうのです。

その2 保湿剤は必要な季節に必要な量だけ

では乾燥した季節やアトピー性皮膚炎の方もすぐに保湿をやめた方が良いのか、
となりますがその方の年齢や症状、季節などによります。

当院に来院されるアトピー性皮膚炎の患者様は年齢層が広く、子供や20代くらいまでの方であれば
1~2週間程度で保湿剤を使わずに済むケースが殆どです。
特に夏で多湿な時期であると比較的楽に実行できます。

30代以降の場合は数か月かけ減量していき中止する場合も長期間かかります。

乾燥時に保湿剤の使用はある程度必要な場合もあり、乾燥する時期に
手先がひび割れてしまう場合などは適量使用して頂くこともあります。

こういった場合30代より40代50代と年齢を重ねた方が使用頻度は高くなる傾向になります。

アトピーの方はご注意を!保湿剤の使い方 4つの勘違い 3に続きます

<+MSL FにOOTER+>
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
にいのみ整体院
http://niinomi-seitai.jp/
住所:〒330-0854
埼玉県さいたま市大宮区桜木町2-389 第17松ビル3階
TEL:048-783-4845
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

辛い症状でお悩みの方、まずはお電話ください。

来院される前にお電話にて当院で改善可能な状態か確認させていただきます。
埼玉県さいたま市大宮区 にいのみ整体院 TEL:048-783-4845 (予約制)

にいのみ整体院をもっと詳しく知る