大宮の整体なら「川井筋系帯療法式・大宮センター(にいのみ整体院)」

①このようなお悩みの方に

 

ぎっくり腰を何度も繰り返してしまう

ここ3年で3回以上のぎっくり腰を起こしている

整形外科、接骨院、鍼灸院では根本的に治ると思えない

湿布を貼ってもぎっくり腰をくり返す

ぎっくり腰になるのが不安で、思い切って動けない

朝、起きる時に痛みが強い

一生ぎっくり腰と付き合うしかないと言われ落ち込んでいる

ぎっくり腰の「原因は分からない」と言われた。

 

 

②他で良くならない理由

コルセットなどの器具

コルセットで動きを制限すれば、動作による刺激が減り、痛みが減りますが根本的にぎっくり腰の改善をしたことにはなりません。
また、固定することで筋力の低下や筋肉の柔軟性を奪う事にもなるので、別の種類の腰痛を生む事にも繋がります。

電気治療などの一般的整骨院・病院の治療

一時的に痛みの軽減や炎症の軽減にはなります。しかし重症の場合に充分な効果を出せていないのが現実です。
ぎっくり腰は画像では確認出来ません。医師の多くは原因を画像に求めます。視覚的に確認出来なければ、痛みが有っても「異常なし」と医師に言われる事も。

 

リラクゼーションマッサージ

目的は慰安で、ぎっくり腰を改善する技術は有りません。

ただし精神的にリラックスする事は筋肉の緊張を減らし、改善を早める役に立つこともあります。

 

ストレッチ

軽度であれば改善する事も有りますが、それ以上に悪化させるリスクが高いでしょう。
また簡単に思われているストレッチも実は技術を必要とします。
改善後、少しづつ補助的に行えば、予防に有効かもしれません。

他 整体院

正しく症状を把握でき正しく施術が行えれば改善に導けます。しかし検査をないがしろにしたり症状をよく確認せず、一遍とおりの施術しか行わないところも沢山あるのが現状です。

 

 

 

③ぎっくり腰とは

筋肉や関節に急激なストレスがかかり、痛みを引き起こす急性の腰痛です。

重量物を持ち上げたり、いつもしない不慣れな動作、滑って転倒、または危険回避のため無理な動作をした、などで動けなくなってしまう様な強烈な痛みが走ります。

筋肉の過度な緊張や、筋肉を包む筋膜の捻じれ、骨盤の関節のストレス等で引き起こされます。

筋・筋膜性腰痛症、腰椎捻挫、仙腸関節捻挫などの診断されます。

欧米では「魔女の一撃」と呼ばれるほど恐れられています。

 

 

④当院での改善法 

 

ぎっくり腰の原因の多くは、筋肉と関節に急激なストレスがかかり起こります。

しかし以前は同じ人が同じ動作をしても起きなかったギックリ腰が、ある時から定期的または、不定期的に起きる様になります。

こういった繰り返すぎっくり腰の多くは、骨盤を中心とした骨格の歪みが原因です。

骨盤の左右の高さの違い、前方への捻じれ、前・後方への傾き等が起き、それにより股関節の動作がアンバランスになり、ぎっくり腰の原因となります。

骨盤の上部のベルトライン付近でも、筋肉の引っ張り合いや過度の緊張が起こり、これもぎっくり腰を引き起こします。

骨盤は上半身と下半身を繋ぐ要であり、股関節のような大きな動きをする関節に、大きく関係します。

また上半身の土台となっており、少しの傾きや捻じれが上半身の筋骨格に影響します。

 

ぎっくり腰の原因となる骨盤の歪みは精度の高い検査が必要です。当院ではモアレ写真により原因を視覚化し、誰にでもわかりやすい分析を行います。

更に関節の動きを診る運動分析、

 

 

 

 

▼ サンプル④-A ▼

《ぎっくり腰の原因》
ぎっくり腰は別名「魔女の一撃」と呼ばれ自分では特に何もした覚えがないのに急に腰に激痛が走ることもあります。
しかし、身体にまったく原因が無い訳ではありません。ぎっくり腰にはいくつか原因が考えられますが、大きく分類して下記のような事が考えられます。

過度に腰に負担のかかる作業の繰り返しによる原因

仕事や運動などで重たいものを繰り返し抱える、
無理な姿勢での作業等、といった腰に負担をかける
動作が原因となるもの。

同じ動作、同じ姿勢の繰り返しによる原因

デスクワークや立ち仕事、長時間の車の運転等の
毎日、同じ姿勢の繰り返しによる身体を動かさない
ことが原因となるもの。

度重なる心的なストレスによる原因

家庭や仕事でのストレス。
忙しすぎて睡眠がろくに取れていない、過度の
責任から胃が痛くなる、食事もろくに喉を通らない。
などのストレスで自律神経が乱れ筋肉が正常に
働かなくなることが原因となるもの。

急激な衝撃による原因

スポーツや交通事故・道路で転倒等
強い衝撃により腰に負担がかかること
が原因となるもの。

普段まったく行わない動きを、突然したことによる原因

普段はあまり体を動かさない方が、急に運動や
草取り・部屋の模様替えなどの作業をすること
によって筋肉や身体のバランスに
影響がでることが原因となるもの。

 

▼ サンプル④-B ▼

何故ぎっくり腰になるのか?

それはぎっくり腰になってしまう要因に秘密があります

 

そもそも体が悪くなる原因を知っていますか?

様々な要因がありますが一言で簡単に言うと「疲労」です!

疲労について考えてみましょう。

何で体が疲労するのか?

 

これには大きく分けて4つ原因があるんです。

・ 運動 ・ 食事の悪さ 

・ 睡眠 ・ ストレス

 

この4つがが組み合わさって体がだんだん悪くなってくるんですね。

 

まず運動は仕事や日常生活が影響します。

 

ほどよく運動して体を動かすことが非常に難しくなってきてます。

 

自分の一日を振り替ええてみてください。

 

運動不足で体の循環が悪くなっていたり、運動をしすぎて体が壊れたり、

同じ姿勢で同じ動きの繰り返す動きばかりしている、または動いていない。

これらが運動に当たる悪い事です。

 

どうですか?あてはまりますか?

 

 

次に食事内容の悪さ。

なかなか体の不調や腰に関係なさそうですが実はかなり関係あるんです。

特にギックリ腰を繰り返し起こす方はかなりの確率で胃腸や肝臓などが疲れています。

詳しくは内臓と腰痛の記事に書いてあります

内臓をかばって体がゆがみ腰の調子が悪くなることもあるんです。

 

 

食事に関してはもちろん何を食べるのかが重要ですが、寝る前にたくさん食べたりすると内臓に負担がかかります。

食べる時間も非常に大切です。

 

 

次に睡眠 これは睡眠時間が長い短いということも大事ですが、寝る時間帯も重要です。よ

く体を休めるゴールデンタイムって言いますよね。

晩の10時から夜中の2時までの時間は睡眠をとってるようにして頂きたいです。

 

なかなか眠れない、寝つきが悪いなどお困りでしたら来院して頂いたときに細かいアドバイスをさせてもらいます。

 

このように腰の不調好調のカギを握るのが日常生活に大きく影響されているということを覚えといてください。

 

 

▼ サンプル④-C ▼

先日引っ越しで、重いものを持ち運びしたせいか、今朝起きたら我慢できないほど腰が痛くなってきました。いわゆるぎっくり腰でしょうか?仕事があるので、この痛みを何とかしたいのですが・・・【文京区小石川 30代女性:会社員 Iさんの質問】

「ぎっくり腰」と呼ばれる言葉があります。ご質問の女性のように、「引っ越しで重いものを持った」などきっかけとなる出来事がある方もいますが、特に思い当たるふしなく、急な腰痛に襲われる場合もあります。その原因はいろいろです。

筋・筋膜性腰痛は、長時間座りっぱなし、立ちっぱなしの方に多い腰痛です。

「朝起きた時に痛い」とか、「ずっと立っている時に痛い」という場合は、姿勢性腰痛ということが最も多いのです。特に筋・筋膜性腰痛の多くは、腰の上部左右が痛みます。

例えばパソコンを使って仕事していると、少し前かがみの姿勢を長く続けることになります。この前かがみ姿勢は、別名「姿勢筋」ともいわれる脊柱起立 筋が収縮することによって保たれています。 途中ストレッチもせずに、同じ姿勢を続けているとこの脊柱起立筋が疲労し、異常収縮を起こしてしまうのです。

すると、脊柱起立筋が引っ張られて、この筋肉が骨に付着している端の部分が炎症を起こし痛みを生じるのです。さらに、脊柱起立筋だけではなく、この 筋肉を補助している筋肉、大殿筋にも同じような現象が起こってくるのです。つまり、「風が吹けば桶屋が儲かる」の小咄のように、連動していく順番が決まっ ているのです。

ですから、筋肉疲労・異常収縮を避けるためには、同じ筋肉を使い続けない。つまり同じ姿勢をし続けないということが重要なのです。つまりぎっくり腰は、一気にというよりも、日用生活で日々使用している筋肉疲労などが、積もり積もって発症することが多いのです。

ぎっくり腰の場合、脊柱起立筋があまりにも異常収縮して、腰部の前湾を港湾にしてしまうのです。ですから、急性期は腰やひざを曲げた姿勢をとると、 筋肉がゆるみ、回復が早まります。治療の際は、腰を前後に曲げたり、左右に倒したり、左右にねじったり、どの姿勢がつらく、どの姿勢が楽かを十分確認し、 痛みに関係している筋肉を治療していくことが回復への近道となるのです。

文京区茗荷谷のあおやま整骨院では、筋肉の炎症の回復を早める医療用治療機器なども使用して患部を治療し、回復を早めます。また腰椎前湾の原因となっている筋肉の過緊張や骨格のゆがみの調整もできますので、痛みにくい身体づくりをしたい方にはオススメです。

 

・「ぎっくり腰は何度か経験していましたが、自宅でただ寝ているだけより格段に速く痛みが引きました!」豊島区大塚駅Iさんの声

・「初めて“これがぎっくり腰?”という状態になりましたが、先生が丁寧に私の身体の状態を説明してくれたので、安心して治療を受けられました。」文京区後楽園駅Uさんの声

・「腰痛であおやま整骨院さんにお世話になりました。姿勢も良くなり、快調です!」文京区小石川Sさんの声

 

 

⑤お客様の声・症例レポート 

大宮の整体なら「川井筋系帯療法式・大宮センター(にいのみ整体院)」 PAGETOP